アマビエ 根付

アマビエ 根付

¥500価格

アマビエは、江戸時代、肥後国(現・熊本県)の海が夜ごとに光り、不思議に思った土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現。役人に対し「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったと伝わっています。
現代において疫病が流行し、時を経て現代に蘇ったアマビエ。疫病除けとして身近な物や柳守りへお付け下さい。

桜まつり

​柴燈護摩法要

​覆面千手観音ご開帳

星まつり

万燈会

家紋 丸に剣三つ槌 金.png

© 2021  当サイト画像の無断転用を禁止します Manoji