真野寺の縁起

商売繁盛・金運上昇のお寺

 真野寺は神亀二年(725)行基菩薩によって千手観音を本尊として、開山されました。

当初は現在の場所から東に1kmほど離れた高倉山の山頂に開かれたと伝わります。

 

 貞観二年(860)、慈覚大師は、度重なる災害に苦しむ、房総の民の不幸を哀れみ、当山に参籠し、救済の祈りを捧げます。

すると大黒天が東の雲より現れ、円仁はそのお姿を像に刻みました。依頼、その因縁と霊験により、朝日開運大黒天として、崇拝されるようになりました。

 

 建永元年(1206)には火災に遭うも、まもなくして大黒天の信仰厚い、北条義時公が私財を投じ、現在の地に七堂伽藍を建立しました。その後も徳川家の庇護を受け、また里見家を中心とした安房一帯の祈願所となり、今日に至ります。

 

 また寺宝として、源頼朝公から寄進された、法華経の版木や、房総を中心にした彫刻家である、波の伊八の作品が残されています。

 

 

 毎月6日の大黒天祭をはじめ、1月の初大黒。2月の大黒天大祭には県内外から多くの参詣者が訪れ、商売繁盛・金運上昇・家内安全などの御利益を大黒天に祈願されております。

 11月23日には本尊である覆面千手観音像の御開帳も行われます。

安房三古寺

 平安鎌倉時代に開創された南房総市の古刹。真野寺・小松寺・石堂寺を安房三古寺と称します。

 千三百年の歴史を持つ各寺院では、期間を定めた特別な御開帳や特別御朱印などの催事を開催しております。