星まつり

 星まつりは【星供養】や【星供】ともよばれ、古来、人の運命を左右するとされた天空にきらめく星々を供養し、その加護を祈り、除災招福・諸縁吉祥を祈るものです。

 

 密教由来の占星法では、人の生まれた日時にあわせ、北斗七星の七つの星の一つを【本命星(ほんみょうじょう)】として、一生の運命を司る星としました。

 

 本命星の七つの星は、貧狼星(子)、巨門星(丑・亥)、禄存星(寅・戌)、文曲星(卯・酉)、廉貞星(辰・申)、武曲星(巳・未)、破軍(午)です。この本命星の司る運命の属性は、一生変わることはありません。いわば、その人の守り星といえます。

 

 一生変わらない本命星とは異なり、一年ごとに交代し、人の運気を司るのが密教由来の【九曜星(くようじょう)】といわれる九つの星です。

 

 九曜星は、日曜星・月曜星・火曜星・水曜星・木曜星・金曜星・土曜星のほか、凶星にあたる計都星、羅睺星を合わせたものです。これらの九曜星は毎年交代し、一年の運気を司るので【当年星(とうねんじょう)】と呼ばれます。人の生涯に吉凶禍福があるのは、これらの当年星が影響されるといわれます。

 

 真野寺では、毎年冬至の日から一週間、その人の来年の運命が良いものとなるよう、星の加護を祈り、当年星を供養します。新たに始まる一年、星がもたらす運勢に従うことになるのであれば、しっかりと星を供養して、一年間の除災招福を祈願したいものです。七座の法要で加持した星札をお届けしますので、当年星のお守りとして、ご自宅で一年間、大切にお祀りください。

 

 皆さまの来年の当年星がどれに当たるかは別表をご覧ください。

 

※当年星は生まれた年で算定しますが、1月1日から2月3日の節分までが誕生日の方は、前年の当年星になりますので、ご注意下さい。

 (例えば昭和54年2月1日生まれの方は、昭和53年生まれの方と同じ当年星となります)

 

 星まつり(星供養)をご希望される方は、12月20日までに下記フォームよりお申し込み下さい。

 

星札 1,000円(一名分)

 

※星札は、振込用紙を同封のうえ、年始より順次発送致します。

星札
星札

令和2年の冬至の日は

12月21日(月)です

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です