商売繁盛 金運上昇

朝日開運大黒天

真野寺(真野大黒)は、千葉県南房総市久保にある神亀2年(725年)に開創された真言宗智山派のお寺です。

 

本尊は行基作と伝えられる、全国でも例のない、お面を付けた覆面千手観音です。

 

関東八十八ヵ所霊場 五十七番札所

安房国札三十四ヶ所観音霊場 二十五番札所

古くから商売繁盛、金運上昇の朝日開運大黒天として、多くの方に参詣いただいております。

 

毎月6日は大黒天の縁日として、1月の初大黒。2月の大黒天大祭をはじめ、各月大黒天祭を行います。また同時に駐車場・境内に飲食、物販、癒しのブースなどが出店する開運マルシェが開催されています(2月除く)

 

真野寺から貸与される小槌を飾ると金運を呼び込むと言われ、毎年2月の大祭時には新しい小槌へ交換される方で賑わいます。


画面をタップすると詳細ページに移動します。

縁起

千葉県南房総市の真言宗智山派寺院。真野寺です。商売繁盛・金運アップの御利益があると言われ、多くの参詣者で賑わう観光名所でもあります。本尊、覆面千手観音をはじめ、朝日開運大黒天。二十八部衆など、様々な神仏が祀られています。

宝物

真野寺本堂。覆面千手観音及び28部衆などがお祀りされています。

祭事・行事・体験

千葉県南房総市の真野寺では、毎月6日の大黒天祭をはじめ、年間を通して様々な法要・催しが行われています。

ご祈祷・授与品

境内案内

アクセス



新着情報

写経奉納見開き特別ご朱印

7月23日~8月31日まで

 

前回、大変な反響をいただいた写経奉納見開き特別ご朱印。

秋までお休みの予定でしたが、再び拡がりつつある新型コロナウィルス。疫病退散を願い、急遽、再開することと致しました。

今回は暑くなると予想される今年の夏を少しでも涼しく、夏の海を泳ぐアマビエを描きました。

 

平安時代、疫病が流行した弘仁六年、真言宗の開祖である弘法大師空海さまは、時の嵯峨天皇に写経をお勧めしました。

 

嵯峨天皇は「疫病の流行は国を統治する自身の責任である」と考え、精進潔斎し、紺色の和紙に金文字の写経をされました。

 

一文字書き終えるごとに、お写経の文字に向かい、三度の礼拝をされたそうです。

 

その結果、疫病はたちまちに収束したと伝わっています。

 

嵯峨天皇のこの写経は、京都の大覚寺にいまも納められています。

 

 

◎真野寺では、ご参詣のおり、祈祷殿にていつでもお写経いただけます。機会があれば、山寺の静かな空気の中で、一文字一文字心を込めて写経をおつとめ下さい。

 

 

※法務により住職不在の場合は、ご朱印帳をお預かりし、描きあがり後の郵送となります。お時間をいただくことがありますが、何卒、ご了承下さい。

 

 

納経いただく《延命十句観音経》は、お題を入れても49文字の短いお経です。

 

見本のお経は、下記よりダウンロード・印刷いただき、上からなぞる。もしくは見本として他の用紙にお書きいただいても結構です。

 

お書きになる際は、ボールペンでも鉛筆でも構いません。

出来る限り丁寧にお書き下さい。

 

般若心経など、他のお写経でも受け付けます。

 

お書きになった写経用紙にお手持ちのご朱印帳を同封し、真野寺まで送付下さい。

◎こちらで送付する際に間違いのないよういたしますので、ご朱印帳にはなるべくお名前と電話番号を書いておいてください。

(真野寺までの送料は各自ご負担下さい)

 

書きあがり次第、振込用紙を同封し、返送致します。

 

※お申し込み多数の場合は、返送までにお時間をいただくと思いますが、何卒ご了承下さい。

 

 

納経料:1,500円

※真野寺からの送料込み

※振込手数料は真野寺で負担します

(手続き違い時の返金はご容赦下さい)

ダウンロード
お手本
延命十句観音經.pdf
PDFファイル 25.6 KB

郵送先

〒299-2524

千葉県南房総市久保587

真野寺

tel : 0470-46-2590



各種ご祈祷

毎月6日の大黒天祭を含め、商売繁盛・金運上昇・厄除け・自動車交通安全などのご祈祷が随時受付可能となりました。

ご希望の方は、ご祈祷申し込みフォーム。もしくは真野寺寺務所までお電話下さい。

 

ご祈祷料は下記のとおりです。

普通祈祷 護摩札【小】

 3,000円
普通祈祷 護摩札【中】

 5,000円
普通祈祷 護摩札【大】

 10,000円

特別祈祷 宝槌吉祥加持付

 30,000円

真野寺寺務所

0470-46-2590



写経会・坐禅会

毎月6日(2月除く)の真野大黒天祭にあわせ、午後から写経会と坐禅会を行います。

 

写経会・・午後3時より

(納経料1,000円:季節のお菓子・ご朱印付き)

 

坐禅会・・午後4時より

(参加料500円)

 

どなたでも参加出来ますので、お気軽に参加下さい。

※坐禅会は土曜日・日曜日の午後4時よりからも行っております。

(8月15・16日の週末坐禅会はお休みです)


オリジナルご朱印帳

真野寺オリジナルご朱印帳

【宝槌】

 

 春に真野寺の境内を埋め尽くす桜と、大黒天さまの持つ宝槌の刺繍を施した真野寺オリジナルご朱印帳です。書留に現金を同封し郵送下さい。

(真野寺までの送料はご負担下さい)

 

各2,000円

※色は【金】か【さくら色*】をご指定下さい

※真野寺からの送料込み

*ほぼ白に近いさくら色です

左:金 右:さくら色

 

寸法:縦約16cm×横約11cm


真野寺オリジナルご朱印帳

【あじさい】

 

縦18.5cm 横12cm

 

ピンク紫陽花、水色紫陽花の二種類です。

 

各2,000円

 


 真野寺万灯祭

提灯ご寄進のお願い

 

 

 謹啓 皆さまにおかれましては益々のご清祥の段、お慶び申し上げます。また、平素より当山へのご厚志を賜り、心より御礼申し上げます。

 

 真野寺では毎年11月23日に、ご本尊さまである覆面千手観音さまの御開帳を行っております。

 

 本年は、先の台風15号・19号もあり、真野寺でも本堂屋根銅板の一部損壊と倒木などがありましたが、ご本尊さまのご加護か、本堂などの建物に大きな被害はありませんでした。

 しかしながら、房総周辺の状況は屋根や家屋の損壊で、住民の皆さまの生活に困難をきたす想像以上の被害を残し、全国各地においては河川氾濫など、大変憂慮すべき事態となっております。

 その為、本年の御開帳では、国土安穏、被災地復興の祈願法要を行うとともに、霊験あらたかな覆面千手観音さまの覆面を外し、真顔を拭います。

(非公開)

 

 また、この御開帳の日から1週間にわたって万燈祭を開催致します。覆面千手観音さまをお祀りする本堂へと向かう男坂の石段に、50張を超える提灯を灯してご本尊さまをご供養し、犠牲になられた物故者の皆さまの供養と、皆さまの願いを届け、今ここに生きていることへの感謝をお祈りします。

 

 提灯は、大晦日~1月6日。2月5・6日の大黒天大祭時にも灯させていただき、破れなどの破損で使用に耐えられなくなるまで、毎年お飾り致します。

 

 ぜひとも、皆さまのお心を寄せていただき、提灯をご奉納いただければ幸いです。

 

 甚だ恐縮ではございますが、ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

 合掌九拝

                

 一口 一万円 

(提灯一張)

 

 

 ご寄進いただいた皆さまには、口数分の提灯へ名入れを致します。

 ご寄進いただいた浄財の一部は、ご本尊さまをはじめとする文化財の修復資金にも充てさせていただく所存です。

 ご協力下さいますよう、何卒よろしくお願い致します。

 

 提灯はお一人さま何口でもお申し込み可能です。

 会社やお店など団体のPRや、ご結婚の記念。子供さんやお孫さんへの誕生日プレゼントなどにも、是非ご奉納下さい。

 

※提灯の名入れスペースには限りがございます。ご了承下さい。

千葉県南房総市で行なわれる真野寺の万灯祭。各地の災害復興祈願事業として、毎年11月23日及び大晦日~1月6日。2月5・6日に飾られます。
真野寺本堂前
男坂


 毎月6日の大黒天祭限定のご朱印です。金運上昇や商売時繁盛の霊験あらたかな大黒天にちなんで、金の台紙に書かれた御朱印となっています。

 30枚限定です。

寺務所(9:00~16:00)

毎月6日の大黒天祭の日に授与される真野寺の特別ご朱印です。金運アップ。商売繁盛。お金が巡ってくる御利益を得られます。
特別御朱印